書家のブログ*暮らしの中に書を

書家の書と暮らしと子育てのブログ。

かなた

f:id:suminoka:20220809225006j:image

書作品_かなた

 

かなた_彼方

あなた、とも読み、

いつだったか暗誦した詩が

浮かんできました。

 

 

山のあなた

山のあなたの空遠く
「幸さいはひ」住むと人のいふ。
噫ああ、われひとゝ尋とめゆきて、
涙さしぐみ、かへりきぬ。
山のあなたになほ遠く
「幸さいはひ」住むと人のいふ。

 

ドイツの詩人、カール・ブッセ(1872-1918)による作品。上田敏(1874-1916)が翻訳。

 

小学生の息子も学校でいろいろと暗唱してるんですよね…

先日は突然、

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂にはほろびぬ、偏ひとへに風の前の塵におなじ。“

と。

古典の暗唱、私は好きです。

書作品_『感謝して』

f:id:suminoka:20220803210423j:image

20220506大西美弥子書作展 発表作品

ありがとうも さよならも

『感謝して』

 

書作展に来てくださった方が、

「この作品が本当は欲しいんだけど…」

「毎日眺めていると、きっと泣いてしまうから。」

って話して下さいました。

 

想いは人それぞれ…

どんな風景をこの作品に見出してくださったかは、ここでは記しませんが、そんな風に見てくださった方に寄り添える作品であったことを、

とても嬉しく思いました。

 

だれかの心に響く…そんな作品を生み出していきたいと思っています。

 

“みんなに 愛を”

書家として活動を始めてからずっと、テーマとして心を込めて書に向き合っています。